コンテンツへスキップ

YONEX VCORE PRO 97にポリツアースピン(黒)を張って打ってみた!

LINEで送る
Pocket

YONEXの最新ラケットVCORE PRO97に、YONEXのストリングPOLYTOUR SPIN(黒)を張って打ってみました!
とてもいいラケットでしたし、ストリング(ガット)も回転がよくかかりやすいセッティングでした!詳細は続きをご覧ください〜!

VCORE PRO 97のスペック

このラケット、普通にいいです!「普通」というのはクセがなく扱いやすくて、なにも気にせずにテニスができるということです。
スペック的には、中上級プレーヤー向けですが、試打してみるとわかるはずです。センティアのコーチも早速使っています。

VCORE PRO 97のスペック

  • フェイス面積:97平方インチ
  • 全長:27インチ
  • 重さ(平均):310g(G2,3), 290g(LG1,2,3)
  • バランスポイント(平均):310mm(G), 325mm(LG)

フレームの厚さは、20.0mmと薄い分類になります。
Yonex vcore pro 97 polytourspin black 3
シャフト部分は、ボックス形状ではなく、剛性を上げるように考慮されているであろう形状をしています。
また、Namd(エヌアムド)という新技術が採用されています。難しいことは省略すると(笑)、従来よりもしなって復元が早いそうです。
Yonex vcore pro 97 polytourspin black 4
グロメットには、ストリングとの密着度を高めるとされているロックブースターが搭載されています。
Yonex vcore pro 97 polytourspin black 6

打ってみた感想

今回は、VCORE PRO 97(G2)に、YONEXのポリツアースピン(黒)を張ってみました。
Yonex vcore pro 97 polytourspin black 1
写真だとちょっと分かりづらいですが、ポリツアースピンはスピンがかかるように断面が五角形になっています。そのため、ガットがカクカクしています。
Yonex vcore pro 97 polytourspin black 2

スピードボールが簡単に打てる

打つまでは、スペック的に難しいラケットで、振らないと飛ばないんだろうなぁ・・・と思っていましたが。。。

めっちゃ簡単に飛んでくれる

すっぽ抜ける飛びではなくて、コートに収まってくれるスピードボールが簡単に打てる飛びです。

新技術のNamd(エヌアムド)のおかげなのか、シャフト部分の形状のおかげなのか、それとも両方のおかげか、スパン!スパン!と打てます。

ボールをつかんでくれるのでコントロールしやすい

フレームの厚さが20.0mmと薄めのせいか、ストリング面でたわんでボールをつかんでくれている打感です。

シャフトは形状からして剛性が高くなっていると思いますし、シャフトがしなってつかんでいるというよりは、フレームのストリング面が内側にたわんでいる感じです。

ボールをラケットでつかんでくれている分、コントロールがしやすいですね。

振り抜きがめちゃくちゃイイ

フェイス面積が、97平方インチのためか、振り抜きがとてもイイです。
ラケットヘッドが重いトップヘビーの場合とは、違った振り抜きの良さです。

VCORE PRO 100と比較するとわかりやすいと思いますが、VCORE PRO 97のほうが振り抜きがイイです。
振り抜きがイイと、ボールを潰せますし、その分ヘビースピンもかかりやすいですね。

回転がめっちゃかかる(たぶんガット由来)

個人的には、VCORE PRO 97に、ポリツアースピンは回転がめっちゃかかりすぎました。
ショートクロスに打ちたかった時、普段なら入っていたであろうショットが、回転がかかりすぎてネットしてしまいました。

VCORE PRO 97にポリツアースピンのセッティングは、フラット系のショットがメインなプレーヤーだと、ナチュラルスピンがかかってくれていいのかもしれません。

今度は、他のガットも試してみたいと思います。

センティアWEST店に試打用として置いてあります!

現在のところ(2018年5月)、インドアテニススクール・センティアWEST店(富山市婦中町)に、今回紹介したラケットが試打用として用意してあります。

センティア会員の方は、ぜひお試しください!
センティア会員以外の方は、1000円で体験レッスンができますので、Webサイトもしくはフリーダイヤルからお問い合わせください〜!

LINEで送る
Pocket