コンテンツへスキップ

ガットの交差する箇所に入れるエラストクロス(ノッチ防止剤)のメリットとは?

LINEで送る
Pocket

最近は暑い日が続くようになってきましたね。
ガットも緩みやすくなってくるので、張り替えたりメンテナンスしてプレーしたいですね。
さて、今回はガットの交差する箇所に入れるエラストクロス(ノッチ防止剤)のメリットを紹介します。

ガットはボールが当たった瞬間に擦れてる

いきなりですが、テニスボールに回転をかけて打つとき、なにが一番作用していると思いますか?
最近では、ラケットの形状などでも回転量がアップ!と謳い文句が飛び交っていますね。
振り抜きのしやすさや、面の大きさなどにも間接的に関係しています。

しかし、ボールと触れているのはガット(ストリング)です。
接地している箇所が、最もボールの回転量に作用するのは理解しやすいと思います。

ボールがガットに当たった瞬間、ガット(主に縦糸)が動き、ボールを離すまでに戻ることでボールに回転がかかるとされています。
(この現象をスナップバックと言います)

ということは、ボールを打つたびに縦糸と横糸が擦れ合っているということです。
このことで、ガットが少しずつ削られ劣化していきます。

エラストクロスを間に入れることのメリット

ガットの交差する箇所に入れる小さなチップがあります。
エラストクロス(ノッチ防止剤)と呼ばれる物で、一番ポピュラーなのはバボラ社製の物です。
ガットの交差する箇所に入れるエラストクロス ノッチ防止剤 のメリットとは
ちょっと前はサンプラス、最近ではフェデラーも使っているとされています。
世界のトッププロたちも使うメリットは、次の通りです。

1.回転量を増やせる

上記で、ガットのスナップバックで、テニスボールに回転がかかると言いました。
エラストクロスを入れることで、縦糸と横糸が滑りやすくなるとされています。
縦糸が早く動いて、早く戻ることで、ボールの回転量が増すとされています。

また、エラストクロスを入れることで、その箇所だけ、ガット面の凸凹が大きくなります。
そのことで、よりボールが引っかかるという説もあるようですが、ガットのスナップバックによる作用のほうが大きいと思います。

ただし、回転量が上がった!と実感できるのは、自身のスキルやその時の感じ方で差があります。
私自身もテニスを始めたばかりのころ、なんだか変わったテニス用品があるぞ!と思ってエラストクロスを試してみましたが、回転量が増えた!とは感じませんでした(笑)

2.耐久性の向上

回転量の増加については、感じる時・感じない時があると思いますが、もうひとつのメリットはガットの耐久性が向上することです。
物理的に擦れ合う縦糸と横糸の間に、物を入れるので擦れ合うのを防げます。

柔らかいフィーリングを好むプレーヤーにとって、ナイロンのマルチフィラメントのガットやナチュラルガットは最適です。
しかし、耐久性が良くないのがデメリットです。
そこで、エラストクロスを入れることで、擦れ合うのを防いで耐久性が向上できます。

また、ハイブリッドガットの場合も、エラストクロスで耐久性の向上ができます。
特に、硬いポリとナイロンのマルチフィラメントをハイブリッドで張ると、硬いポリがナイロンを削ります。
場合によっては、ちょっと強い球を打つと、打った瞬間にプチプチと少しずつ切れているのが分かります。

ハイブリッドガットの良さは好きですが、打つたびにガットが切れそうになっていくのは、精神衛生上よろしくないです(笑)
エラストクロスを入れることで、少しは心穏やかにテニスできるかもしれません(笑)

フェデラーのエラストクロスの入れ方

フェデラーも、ナチュラル(縦)とポリのアルパワーラフ(横)でハイブリッドガットをチョイスしているとされています。
そして、エラストクロスも入れているそうです。

テニスショップ、ラフィノさんから、Wilsonの道場さんによるフェデラー選手、錦織選手のセッティング紹介動画が公開されています。

とても緻密なセッティングをしていますね・・・
また打つ所もいつも決まっているとは、驚きです。

私を含め一般プレーヤーがマネしても、変化を感じられるのか疑問ですが、試してみる価値はあるかもしれませんね!

LINEで送る
Pocket