コンテンツへスキップ

テニスコーチ(正社員)になって3ヶ月、起きたこと感じたことをぶっちゃける。

LINEで送る
Pocket

こんにちは、金尾です。今年で31歳になります。
今回はセンティアのテニスコーチになって3ヶ月が経ったので、感じたこと思ったことをぶっちゃけてみます。
センティアの会員の方は、おもしろ・おかしく見ていただければ幸いです。
これからテニスコーチになってみようかなぁ、と思っている方は参考程度になれば幸いです。
同業他社の方は、「まぁ、そうだよね」程度に思っていただければと思います(笑)

コーチになる前までは・・・

センティアのテニスコーチとして働く前は、大学生時代に東京の某テニススクールで2年ほどアルバイト・コーチとして働いていました。
その後、地元富山で就職したかったり、テニスを仕事にする気になれなかったりしたので、一旦テニスから離れました。

その後、富山県に本社のあるIT系企業に、プログラマーとして就職し、約8年ほど勤めていました。
タイ王国に子会社を立ち上げる際に駐在員としてタイに行き、3年半ほど住んだこともあります。
その間に出会ったタイ人女性と結婚して、日本へ本帰国しました。

本帰国時は、富山ではなく東京勤務でした。1年ほどして子どもができました。
妻は外国人だし、東京で出産・子育てしていくのは無理だと判断し、その当時に1年の予定で育児休暇を取得し、富山に帰ってきました。

無事に子どもが生まれ、育児がスタートしました。育児は仕事より大変でした。
そんな中、なにか一週間のなかで体を動かす自分の時間を作らな!と思いテニススクールに通いはじめました。

そのテニススクールが、センティアでした。

センティアに通いだしたころは、まだテニスコーチの仕事をまたするとは思っていませんでした。
しかし、育児休暇から復帰する場合、変わらず東京勤務と告げられていたこともあり、転職を考えていました。

何度もいろんな視点から自分を見つめ直しました。
そして、「もう一度テニスコーチとして、テニスの楽しさを広めることに貢献してみよう!」と決め、センティアに入社しました。

テニスコーチになって3ヶ月経過

テニスコーチ 正社員 になって3ヶ月 起きたこと感じたことをぶっちゃける 1
2018年5月にセンティアに入社し、早かったのか長かったのか3ヶ月が経ちました。
以下、感じたこと、思ったことをぶっちゃけていきます。

生産と消費が同時に行われる

前職はIT企業で、プログラミングをしたり、お客様とお打ち合わせして仕様を決めたりしていました。
在庫を持たない業種のひとつではありますが、作業がはかどれば、空き時間ができますし、作業が遅れていれば必死こいてシステムを稼働させる必要がある業種でした。

しかし、テニススクールは、生産と消費が同時に行われ、かつ作り置きや在庫を持たない業種です。(物販を除く)
いつもコーチが、レッスンを提供する(生産)と同時に、その場でレッスンを受ける会員様によって消費されます。
サービス業はおおよそこのような形だと思いますが、IT業界で働いていた私にとって、なかなか新鮮な感覚でした。

テニスコーチは、自分がお客様窓口でもあり、営業担当でもあり、開発担当でもあり、サポート担当でもあり、広報担当でもあり...etc....
自分次第でお客様の満足度が上がったり下がったりするわけですから、最初のうちは気が張りっぱなしでした。

「手を抜く」わけではありませんが、どこかで抜けるところは抜くバランス感覚が重要なお仕事だと思います。

最初は、会員の方のお顔とお名前を覚えるのに必死でした。
毎回カンペをつくって覚えていましたが、最近はカンペを作らなくても覚えてきたので、脳の記憶領域を、レッスンのメニューを考えること使えるようになってきました(笑)

体調管理めっちゃ大事

どんなお仕事も自分の体調管理は大事ですが、テニスコーチはなおさら体調管理が重要となってきます。
自分のパフォーマンスがよくなければ、レッスン時にベストを尽くせるとは言えませんよね。

入社して1ヶ月の頃に、風邪をひいてしまいました。
なんとか勤務(研修)できましたが、体調が優れないのにレッスンするのは苦行ですし、レッスンに来ていただいた会員の方に、体調が悪そうな素振りを見せるわけにはいきません。

感染の危険性のある病気の場合は、自宅か病院から出られませんが、そんな事態にならないよう日頃からうがい・手洗いをする回数が増えました。

また、入社前から体重が6kgも減ってしまいました。
以前から食べることがあまり得意ではなく、食べてもよく下痢してしまう体質だったのもあって、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回っていたと思います。

脂肪や余計なもので6kgの減量となっていれば、まあ良かったのですが、筋肉も落ちてしまいました。
たぶん、その影響もあってか、テニスエルボーの初期症状が出たりしています。
体調だけでなく、筋力の維持にも努める必要があります。

バランスの良い食事と、プロテインが今では欠かせません。

自分磨きを忘れてはいけない

体調管理も大事ですが、自分のレッスンをさらに良くするために勉強したりウデを磨くことも大事です。
さらに、レッスンばかりしていては自分のテニスが劣化していきます。
レッスン以外でも、自分の練習をどこかでしないといけません。

私はテニスを教えることは割と得意だったので、テニスコーチを職業に選びましたが、テニス自体が強いとは言い切れません。むしろ弱いです(笑)
なので、なおさらテニスを上手くなりたいし、強いテニスができるようになりたいので、レッスン外で練習しています。

また、変なスウィング・フォームでは会員の方、特にジュニアの子たちはコーチをよく見ているので、正しいフォームで打つことが大切です。

土日休みじゃないけど意外と苦じゃない

前職はで、土・日・祝は基本的に休日でした。
テニススクールは一般的に、平日の夕方以降と、週末が混み合います。
よって、テニスコーチはシフト勤務となり、土日休みの正社員テニスコーチはなかなかいないです。
私も実際に、2日勤務・1日休み・3日勤務・1日休みといった週のスケジュールです。

当初は、週の中に2日連続で休みじゃないのかぁ・・・と思っていましたが、案外苦じゃないです。
2日か3日勤務したら1日休みがあるので、週の中で一休みできます。
これが意外と楽です。もう5日連続勤務に戻れないかもしれません(笑)

それに平日休みが週に1日あるので、役所や医療機関に用事がある場合はとても便利です。
子どもがいるので、予防接種や検診があるため、平日休みだと行きやすいですし、空いてます。

買い物などのショピングセンターに行きたいときも、平日なら快適に買い物できます。

喫煙者、喫煙所がないのがスゴくイイ

テニススクールは、健康に関わる事業でもあります。
よって、センティアの従業員は喫煙しないことが前提にあります。

私はセンティアで働く数年以上前は、喫煙者でしたが、ある時タバコ吸ってもイイことがまったく無いし、むしろ悪いことしかない事に気づき止めました。今でもその選択は正しかったと確信しています。
自分の子どもが生まれたこともあり、なおさら止めていてよかったです。

働く環境に喫煙スペースがなく、一緒に働く同僚に喫煙者がいない事が、とても快適です。
最近では飲食店の禁煙化が進み出したようですが、本当にいいことだと思います。
分煙や電子タバコ可なのは、全く無意味です。

お店を利用する側としても、働く側としても、禁煙がこれからの当たり前の時代となります。

さいごに

タイトルで「ぶっちゃける」と言ってしまいましたが、結局、我ながら当たり障りない内容になってしまったと、ちょっと反省しています(笑)

皆さん、一番気になるのはテニスコーチのお給料事情かと思いますが、まぁ、センティアはテニス業界の中では平均よりイイはずです。とまでしか言えません(笑)
だって他のテニススクールに正社員として勤めたことないし(笑)

テニスコーチの裏話シリーズは、定期的に書いていきたいと思いますので、ご期待ください(笑)

LINEで送る
Pocket