コンテンツへスキップ

新VCORE3機種打ち比べ!センティアWest店で試打できるよ!

LINEで送る
Pocket

発売前の新VCOREがセンティアで試打できるって知ってました!?
センティアWEST店(富山市婦中町)では、新VCOREの3機種(98,100,ELITE)の試打ができます!
実際に打ち比べてみました!みなさんも是非〜!

新VCOREのスペック(98,100,ELITE)

まずはスペックから見ていきましょう
新VCORE3機種打ち比べ センティアWest店で試打できるよ 3

VCORE 98(G)のスペック

フェイス面積:98平方インチ
全長:27インチ
重量:305g(平均)
バランスポイント:315mm(平均)
ストリングス・パターン:16×19

VCORE 100(G)のスペック

フェイス面積:100平方インチ
全長:27インチ
重量:300g(平均)
バランスポイント:320mm(平均)
ストリングス・パターン:16×19

VCORE ELITEのスペック

フェイス面積:98平方インチ
全長:26.5インチ
重量:270g(平均)
バランスポイント:330mm(平均)
ストリングス・パターン:16×18

ストリングのセッティング

2018年8月現在のストリングは以下のセッティングとなっています。

  • VCORE 98 - ポリツアープロ125 メイン50ポンド/クロス46ポンド
  • VCORE 100 - エアロンスーパー850プロ メイン50ポンド/クロス48ポンド
  • VCORE ELITE - エアロンスーパー850 メイン50ポンド/クロス48ポンド

新VCORE3機種打ち比べ センティアWest店で試打できるよ 2

実際に3機種を試打してみた

新VCORE3機種打ち比べ センティアWest店で試打できるよ 1
VCORE 98→VCORE 100→VCORE ELITEの順番で打ってみました。
(ちなみに私の今使っているメインラケットは、VCORE PRO 97です)

VCORE 98のインプレ

前回は、VCORE 98にポリツアーファイアを張ったもので試打しましたが、今回はポリツアープロです。

新しいVCORE 98は、ラケット自体は比較的硬めの分類です。一方でポリツアープロはポリのなかでは柔らかめのストリングです。
実際に打ってみたところ、硬めのラケットと柔らかめのストリングがそれぞれ感じられました。
ラケット自体はしっかりとしている印象で、ストリング面がたわんでボールをつかんでくれている感触があります。

適度な剛性感と、ホールド感があり、攻撃するときも守備するときも扱いやすいセッティングだと思います。

VCORE 100のインプレ

VCORE 98と比べると、振り抜き感は若干劣りますが、空気抵抗が低減するように設計されているのか、振り抜き感はイイほうだと思います。
フェイス面積が、98と比べて2平方インチ大きくなっている分、ストリング面のたわみが大きく感じられます。
また、その分スウィート・スポットが広いので、安心感があります。

今回は、エアロンスーパー850プロ(ナイロン・マルチ)のセッティングでしたが、VCORE 100には打ち応えのあるポリ系ストリングを張ってもいいかもしれません。(ポリツアーストライクなど)

VCORE ELITEのインプレ

VCORE ELITEの特徴は、他の2機種と比べると0.5インチ短いことです。
ラケットの長さが短くなると、取り回し(操作性)がよくなります。ボレーなどがしやすいですね。

また、ラケット自体の重量も270g(平均)と、軽めの設計ですので、テニスをはじめてする大人の方などにもオススメです。

さいごに

私の今使っているメインラケットは、VCORE PRO 97です。
最近は、ちょっとしなり感が強すぎると感じてきて、球離れの早い、硬めのラケットがいいかなぁ・・・なんて思っていました。

そこに出てきました、新VCORE。
私の好みはVCORE 98です。しかし打ち応えのあるポリをVCORE 100に張って試してみたい気も・・・

・・・その前に、テニスの腕を磨くことにします(笑)

そろそろ、ラケットを買い替えたいと思っていた皆さん、新しいラケットをただ使ってみたい皆さんも、是非この機会にセンティアWEST店(富山市婦中町)にお越しください〜

LINEで送る
Pocket