コンテンツへスキップ

ルキシロンのドライグリップを使ってみたが、自分には合わなかった模様

LINEで送る
Pocket

あなたはお気に入りのグリップテープありますか?
ある方は、ドライタイプですか?それともウェットタイプですか?
今回は、ルキシロンのドライグリップを試してみました。

気づけばウェットタイプばかり使っていたが

ルキシロンのドライグリップを使ってみたが 自分には合わなかった模様2
おそらく多くのテニスプレーヤーの方は、ウェットタイプのグリップテープを愛用しているのではいかと思います。
私もその一人です。

あの錦織選手もウェットタイプを使っており、Wilsonのプロオーバーグリップを愛用しているそうです。
また、フェデラー選手も使用しており、プロ選手からの信頼も厚い定番のウェットタイプのグリップテープの一つです。

私も好きで、特に手に吸い付くようなウェット感があります。
いろんなメーカーのウェットタイプのグリップテープを使用してきましたが、Wilsonが一番吸い付き感のあるウェットタイプと感じます。

と、そんなWilsonのグリップテープですが、同じWilsonからルキシロンのブランドで、ドライグリップが発売されています。
ルキシロンのドライグリップを使ってみたが 自分には合わなかった模様1
センティアのコーチもたまに使っているのですが、私も使ってみることにしました。
(現在、センティアWing店に1本290円で販売中です

すぐボロボロになってしまった

ルキシロンのドライグリップを使ってみたが 自分には合わなかった模様4
早速ですが、1日でボロボロになっていまいました。
手汗をよくかくタイプの人は、そうでもないみたいですが、私はどちらかというと、季節柄もあり、手が乾燥していたせいもあり、合わなかったようです。

一般的にドライグリップは耐久性に難アリと言われていますが、確かに私のような手が乾燥しやすい方が使うと、より耐久性がないような気がします。

手に汗がかきやすい夏場に使ってみると、また違うかもしれません。

ということで、今回私にとってルキシロンのドライグリップは合わない結果となり、ウェットタイプに戻すことになりました。

最近寒くなってきて、乾燥するようになり、今までドライタイプを使っていたけど、すぐボロボロになるようになったなぁ・・・と感じておられる方は、これからの時期だけウェットタイプに切り替えるのもいいかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket