コンテンツへスキップ

当て革をいれてスウィートスポットが拡大するのか、VCORE PRO 97で試してみた!

LINEで送る
Pocket

当て革、入れたことありますか?
ストリングとグロメットの間にいれる、革の小さなキューブのことです。
あのフェデラーも、当て革をいれるセッティングをしていたり、某テニスショップではサービスとして当て革を入れてガットを張り上げてくれたします。
今回は、VCORE PRO 97に当て革をいれて試してみました!

フェデラーもやってる当て革

フェデラーも、当て革を入れてプレーしています。
少し前の選手では、サフィンも当て革を入れるセッティングをしていました。

当て革は、ラケットがウッド(木製)だった頃に、ストリングがラケットに食い込むのを防止するためなどに使用されてきました。

現代のラケットは、フレームはカーボン、グロメットは樹脂でできているので、ほとんど食い込んでしまうことはありません。
しかし、当て革をいれることで、打球感などが若干変わるので、それを好んでいる選手もいるようです。

ストリング面の下部(グリップ側)に、当て革を入れることで、メインストリング(縦糸)をわずかに長くすることができます。
そのことにより、縦糸がその分大きくたわみ、スウィートスポットが拡大すると言われています。

当て革をいれてスウィートスポットが拡大するのか VCORE PRO 97で試してみた 2

VCORE PROには合わない

先日新発売となった、WilsonのULTRA TOUR 95CVは、縦糸のたわみを大きくすることで、フェイス面積をそのままに、スウィートスポットを拡大することが可能になったと、されています。

当て革も、若干ですがメインストリング(縦糸)を長くすることで、縦糸のたわみを大きくできているはずですので、自分が今使っているVCORE PRO 97で試してみました。
(当て革は、古くなった革製のベルトを切り刻んだものを使用しています)
当て革をいれてスウィートスポットが拡大するのか VCORE PRO 97で試してみた 3
結果は、「当て革入れないほうがいい」でした(笑)
打感がビリビリしたものになり、気持ちよく打てず、スウィートスポットが広くなったなど感じる以前の問題でした(笑)

おそらく原因は、元のグロメットが、ストリングが見えなくなるような形状をしていることで、当て革とグロメットの間に空間ができてしまっていることのように推測します。

また、VCORE PROシリーズは、ロックブースターグロメットという、ストリングとグロメットの接地面を考慮されたものになっているので、当て革は不要かと思います。
当て革をいれてスウィートスポットが拡大するのか VCORE PRO 97で試してみた 4
その間の空間によってビリビリ感が生まれているのではないかと考えられます。
おそらく、フラットなグロメットで、当て革と密着する形状であれば、適合するかと思われます。

スウィートスポット広げるより、自分の腕を磨いたほうがよさそうなので、さっさと練習してきます(笑)

LINEで送る
Pocket